ホーム > 会社案内 > 建設塗装工業のあゆみ

会社案内

  • マンション修繕工事 たくさんの「ありがとう」

  • ISO14001:2004(環境)
    認証取得
  • ISO9001:2008(品質)
    認証取得

建設塗装工業のあゆみ

わたしたちの会社創設には数々の物語がありました。

創立当時この国は、統制時代で食料不足、インフレ、不況ともちろんあらゆる作業員の労働力不足の真っ只中にありました。さらに戦況はますます激化の一途にあり、政府は国の生命線ともいうべき鉄道網の確保と保全を目的として、特に鉄道橋りょう塗装工事のための技術と人々を全国から招集しました。

そして集まった全国の鉄道省塗装工事指定請負業者“48名”が合同して昭和14年9月、現在の会社の礎となる「鉄道塗装工業株式会社」が誕生しました。

そこにはひとつの会社の創業精神にとどまらない、国民として、あるいは技術者としての熱いものが参画した48名ひとりひとりの胸の中にあったはずです。

年譜

  建設塗装工業 日本と世界の出来事
1939年9月 鉄道塗装工業株式会社設立 第二次世界大戦勃発
1951年2月 建設業者大臣登録を受ける 講和条約・日米安全保障条約調印
1961年9月 商号を「建設塗装工業株式会社」に変更 第2室戸台風、四国・近畿地方を襲い大被害
1966年2月 第16回東京都建設業大会において、社長武田利雄が都知事褒賞を受ける  
1974年11月 代表取締役奈良間泰二が「その道一筋に業務に精励し衆民の模範である方」に授与される黄綬褒章を受ける 国土庁発足
1979年4月 社長 武田利雄、勲四等に叙せられ、旭日小綬賞を受ける エジプト・イスラエル平和条約調印
11月 資本金5,000万円に増資 東京サミット開催
1992年10月 特定建設業登録 スペイン・バルセロナでオリンピック開催
1993年8月 営業第2部新設(リフォーム事業部の前身) 山陽新幹線に「のぞみ」乗り入れ
1995年4月 阪神大震災の復旧工事に対して感謝状を受ける 阪神大震災発生
1997年8月 原町火力発電所で災害防止に関して感謝状を受ける 秋田新幹線「こまち」開業
9月 スクエア玉川上水大規模改修工事完了で感謝状を受ける 消費税率3%を5%に引き上げ
1998年12月 資本金1億円となる 長野冬季第18回オリンピック開催
2004年5月 事業部制導入 九州新幹線新八千代駅から鹿児島中央駅で
部分開業
▲ページTOP