ホーム > 事業案内 資材事業 > FRPコンポーズパイプ

資材事業

  • マンション修繕工事 たくさんの「ありがとう」

  • ISO14001:2004(環境)
    認証取得
  • ISO9001:2008(品質)
    認証取得

FRPコンポーズパイプ

従来から鉄道橋の塗装工事では足場材として、感電防止の観点からも木材丸太が使われてきましたが、木材は耐久性や近年の入手の困難さからこれに代わる材料が望まれてきました。当社では非電導、高強度、軽量なFRP製の足場材の開発を宇部エクシモ(株)と共同で進め、様々な現場試験を実施して、1993年より実用化しております。

FRPコンポーズパイプを用いた足場の安全性は(社)仮設工業会にて承認済みです。
また、絶縁性は地方独立行政法人東京都立産業技術センターの試験で確認済みです。
※「コンポーズ」は、宇部エクシモ(株)の登録商標です。

FRPコンポーズパイプの諸元と単管パイプとの比較

諸元 単管パイプ FRPコンポーズパイプ
STK500 φ49.2 □60
外径(φ 48.6 49.2 60.0
内径(φ 43.8 35.5 50.0
単位重量(N/m) 27 15.2 18.1
断面積(mm2 348.3 911 1,172
断面係数(mm3 3,830 8,520 19,900
断面二次半径(mm) 16.4 15.2 22.6
断面二次モーメント(mm4 93,200 210,000 597,000
弾性係数(N/mm2 200,000 30,300 22,500
許容曲げ応力度(N/mm2 235 158 77.3
曲げ剛性(N・mm2 1.92×1010 6.36×109 1.34×1010

注)単管パイプは一般的なSTK500を基準にしている。

FRPコンポーズパイプの特性、特徴

強度・耐久性

  • 腐食の心配が皆無
  • きわめて軽量
  • 丈夫で長持ち
  • 安全で作業性がいい

絶縁性能

  • 電気を通さない(電気絶縁)
  • 電気火花が発生しない

電波透過性能

  • 電波や磁力を透過する
  • 騒音の心配がない
    ※東京都立産業技術研究センターで
    電磁波透過試験をしています

カタログ・承認証

PDFFRPコンポーズパイプ パンフレット

  • パンフレットA4版FRPコンポーズパイプ パンフレット A4
  • パンフレットA3版FRPコンポーズパイプ パンフレット A3

PDF(社)仮設工業会 承認証

  • FRPパイプを用いた足場承認証
  • FRPパイプを用いたつりだな足場承認証

よくあるご質問お問い合わせはこちら

▲ページTOP